美肌のための日頃のケアと睡眠の質

現代女性は、子育てや仕事のストレス、毎日の生活で睡眠不足になっている場合が多いです。
夜中に何度も起きてしまう、なかなか寝付けないなど、不眠症の症状が出ている場合は、ニキビなどの肌トラブルを抱え、肌も荒れがちになってしまいます。

忙しい上に肌も荒れていると、メイクのりも悪いし、鏡を見たとき気分も落ち込んでしまいますよね。
きちんとスキンケアもしているのに、なかなか肌荒れが良くならないという場合、しっかりと質の良い睡眠を取らないことには、肌トラブルも解消できないことはご存知でしょうか。

夜22時~午前2時の間は、成長ホルモンが多く分泌する、美肌になるためのゴールデンタイムと言われます。

しかし、仕事や子育てに追われる女性には、22時までに寝る生活なんて難しいことでしょう。
そのため、最近の研究によって眠り始めてからの三時間が、睡眠の質を良くするゴールデンタイム、という定義になってきています。

つまり、しっかりと三時間以上眠ることが、睡眠の質を高める重要なキーワードとなってくるのです。

良い眠りにするためには、しっかりと湯船に浸かってお風呂に入り、眠る一時間前にはテレビやスマートフォンの画面を見るのはやめておきましょう。

快適な眠りを手に入れたら、美肌も夢ではありません。
どんなに時間がなくてもせめて三時間は続けて眠るように心がけましょう。

Comments are closed.