酵素補給に効果的な豆乳キムチスープの作り方

豆乳入りのキムチスープを作るために、土鍋にニンニクのみじん切りを入れて、油でよく炒めることから開始します。次の段階で古漬けキムチを加えて、程よく炒めて酸味を穏やかにしていきます。さらに、好みで鶏肉や豚肉、ネギなどを加えて炒めます。材料がしんなりとした段階において、豆乳を投入していきます。飛び散らないようにゆっくりと注いで、焦げ付かないように煮込んでいくことが大切です。味付けはキムチの塩分や酸味を考慮しながら、足りない分をコチュジャンや塩などで補います。

このスープには、女性ホルモンと同じ性質がある大豆イソフラボンが含まれています。女性の健康にとって欠かせない栄養であり、余すことなく摂取できることも利点の料理です。キムチには大量の乳酸菌が含まれるため、整腸作用を促進させるために有効です。乳酸発酵によって旨みと栄養が凝縮し、食欲を増進させる芳香も生まれています。古漬けになると酸味が強くなりますが、スープにして加熱すると食べやすくなります。このスープは夏バテ予防に最適であり、あらゆる場面で重宝します。ご飯にかけて食べたり、うどんを入れて煮込んでも美味です。スタミナ成分をさらに増やしたい場合には、ニンニクの量を大幅に増やすことがおすすめです。

Comments are closed.